紫外線予防には暗い色の服を

 

 

夏は黒い服よりも白い服の方が見た目も涼やかです。

 

 

でも、紫外線対策を考えると、夏の服は白よりも黒やグリーンといったダークな色のほうがおすすめです。

 

 

白い服の場合だと、紫外線が洋服を通過して直接肌に届いてしまいます。

 

 

白いシャツなどを着て外に長い間いると、まるで水着姿のように下着の形に沿って、うっすら日焼けすることがあるのはそのせいなのです。

 

 

その点、黒い服は布が紫外線を吸収して、肌まで紫外線がとどかないので安心です。

 

 

紫外線対策を徹底的におこないたいなら、少々暑苦しくても黒かグリーンの洋服を着るようにしましょう。