汗をかいた時は日差しに注意

 

 

真夏のサンケアで注意しなければならないのが汗の存在です。

 

 

流れる汗をそのままにしておくと、汗に含まれている塩分と、肌から出る皮脂、そして顔ならば化粧品の油分が一緒に混ざってしまいます。

 

 

この状態で日差しに当たると、肌に大きなダメージを与えます。

 

 

汗は、出たらすぐに拭き取るのが鉄則です。

 

 

この時、ゴシゴシとこするのではなく、柔らかいティッシュペーパーや広げたハンカチなどを肌に当てて、吸わせるように拭き取るのがポイントです。

 

 

スポーツをする時は、日焼け止めクリームをたっぷり塗ったら、その上からフェイスパウダーをパタパタとはたいておくだけにします。

 

 

汗をかいたら水で洗い落として、また日焼け止めとフェイスパウダーを同じように付けます。

 

 

これならいちいちメイクを落として塗り直すめんどうがないのです。